がんばり過ぎてませんか?
 

 

子育てとは違って、介護はいつ終わるかわかりません。

 

がんばり過ぎたら、後でスタミナぎれになってしまいます。


がんばり過ぎはストレスのもと。

 

ストレスが溜まると、つい難しいことを言ってしまったり、表情に出たり。

 

それがまた、次のストレスのもとになってしまうんですね。


だからこそ、自分のペースを保つことは必要です。

 

長い道だから…肩の力をぬいてみませんか。

 

 


想像してみてください。


 
誰かが、あなたのために、
自分を犠牲にしている姿を見るのはつらくありませんか。


 介護する側ががんばり過ぎていると、
介護される側もいろいろと気兼ねしてしまうこともあるのです。
 

 

 

✿5つのポイントを心がけてみましょう。 

 

1-ひとりで介護を背負い込まない

   ・ 家族皆で介護を分担する。

   ・「家族の会」などで、他の介護者・被介護者たちと悩みを話し合う。

 

 2-積極的にサービスを利用する  
  ・事態が深刻になりすぎないうちに、公共のサービスを利用する。
   「早めにプロに相談を」
  ・介護者は自分の時間をつくる。「根を詰めすぎず、ストレスを防ぐ。」
  ・サービスは自分にあったものを選ぶ。

 

 3-現状を認識し受容する
  ・被介護者は障害とともに生きていくという現実を受け入
れる。
  ・介護者は介護をしなくてはいけないという現実を受け入れる。
  ・元に戻そうとするのではなく、

   障害とともに、本人が生活しやすい方法をみつける。

 

 4-介護される側の気持ちを理解し尊重する    

   ・被介護者に介護者のやり方を一方的に押し付けない。
   ・被介護者の何かをしようとする気持ち(自立)を大切にする。
   ・被介護者本人が幸せなように持っていくと、介護者の負担が減る。

 

 5-出来るだけ楽な介護のやり方を考える

  ・被介護者にもできることは自分でしてもらう。
   (それが、被介護者の自立にもつながる)。
  ・同じことをするのでも介護者の体への負担の少ない方法を考える。

  ・介護用品や福祉用具を上手に使いこなせば、

   負担はぐっと軽くできます。



長期戦だからこそ、マイペースで。

そうして介護する人も介護される人も

 

今よりもっと快適に生活を楽しみましょう。

 

高値買取します!


ぬいぐるみ旅行社       すだちトラベル